ニュース

子供の視力が心配な時に視力低下防ぐ為の対策方法!!

子供は大人と違いたとえ見え方がぼんやりしていても物心ついた時から同じ景色なので、なかなか訴える子供も少なくありません。そこで、今回は子供の視力低下防ぐための対策方法をご紹介いたします。

ものが見えづらいのは近視のせい?

人の目の【見る機能】は成長とともに発達していきます。特に、重要なのが6歳までの時期です。5歳ぐらいの世代に近視はまだ多くありません。見えずらいと自覚する場合は病気の可能性もあるので病院への受診をオススメします。ただし、本人や家族が気付かなくても治療が必要な【弱視(視力の発達不良)】の可能性もあります。弱視の原因として多いのは遠視や乱視なので注意が必要です。

眼科での治療が必要なケース

3歳児検診では、視力検査が行われます。自宅での検査だけの場合もあれば、遠視や乱視などを直接測定する場合もあります。その段階で、眼科での精密検査を勧められるのは視力が1.0未満だったり、遠視や乱視が強かったりする場合です。眼科では、遠視、近視、乱視等の屈折値の測定、裸眼及び、矯正視力検査、目の位置のチェック等を行います。それらの結果から弱視と診断された場合は眼鏡による治療が始まります。

弱視(遠視、乱視)の治療方法

眼科で弱視と診断されると、治療用の眼鏡が処方されます。大人の眼鏡の目的は眼鏡をかけての視力矯正ですが、子供の場合、目が発達過程にある為、眼鏡をかける事が治療になります。この時期にピントが合った、映像や景色を見る事で目から脳への情報伝達がスムーズになるので早い段階から治療すれば、弱視は改善され、裸眼視力や眼鏡をかけた時の視力が良くなります。治療の為の眼鏡ですが、ずっと眼鏡かけさせていると可哀そうと感じる方も多いと思いますが、実は逆でタイミングを逃すと、一生見えづらいと悩ませることになりかねないので弱視の治療は幼児期でなければ治療できない事を知っておきましょう!

近視を防ぐために今から出来る事

目の形など遺伝的な要素を加え、生活習慣も近視の原因になります。近視が増える世代は小学校入学以降が多く、幼稚園、保育園の時期からスマホの動画やゲーム等長時間使わない事、一番良いのは外で遊ぶ事です。最近の研究で、太陽光によって近視の進行を抑制する遺伝子が活性化することが分かり、例えば、両親が共に近視の場合、子供が近視になる確率は60%。でも、同じ条件の子供が1日2時間外で遊ぶ生活を送ると近視になる確率は20%迄下がるという研究結果がある等、幼児期の内に外で遊ぶ事は非常に大事です。現社会では、コロナで外で遊ばす機会少ないとは思いますが、感染対策をきっちり行い、外で遊ぶ事も免疫を高める1つなので、適度にお外で遊ぶように心掛けた方が子供の為にもなります。

まとめ

最後に今回は子供の視力低下防ぐ方法についてご紹介致しました。現社会では、スマホが普及して、幼い内から、YouTubeやアプリゲーム等が手に出来る時代になり子供の視力低下は今後もますます進行すると思います。子供の健康は親御様しか管理できません。ですので、今の内に、スマホは1日何時間迄、外で子供と一緒に遊ぶ等、ずっと家にいればTV、スマホ、タブレット、PC等目に悪い環境が多いので、早めに対策することをオススメします。私も眼鏡かけていますが、肩こりが酷く大人になって苦労するので、子供には出来るだけ一緒に外で遊ぶよう心掛けています。皆様も一緒に育児ライフ楽しみましょう!



人気ブログランキング

子供の冬の肌トラブル対策に厳選ボディーケアローション!前のページ

外出時や在宅時のシーン別子供の叱り方3つの方法次のページ

関連記事

  1. 家族

    アベンジャーズ達の勉強会??

    前回、我が家のアベンジャーズ紹介しましたが、本日は娘による勉強会が開…

  2. 家族

    ワンワンお疲れ様!?

    昨日の夜は(いないいないばぁっ)に出てくるワンワンが娘にやら…

  3. おもちゃ

    トランポリン楽しーい!!

    今年の夏に買ったトランポリンそれがコチラ↓…

  4. 家族

    時間が無いときでも出来る、子供の満足、成長を伸ばす方法!

    1~3歳ぐらい迄の子供を持つ皆様毎日子供とたっぷり遊びたいけど、家事…

  5. 旅行

    【淡路島】子連れで楽しめるスポット国営明石海峡公園!!明石海峡公園内で特に子供が喜ぶ場所5選

    先日、明石海峡公園へ家族と遊びに行き子供も楽しめたので特に子供が喜ん…

  6. おもちゃ

    メリークリスマス♡

    本日はクリスマスです♪昨日私の家にもサンタさんがプレゼント置…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

人気の記事

カテゴリー

スポンサーリンク

  1. 家族

    大事な人に伝えられない貴方へ!!
  2. おもちゃ

    言葉を覚えはじめのお子様に最適!!アンパンマンシリーズのオススメ知育玩具
  3. 商品

    【熱中症】子供があまり飲み物を飲まず熱中症のリスクを回避したい!そんな時にオスス…
  4. ニュース

    要らなくなった子供服処分してませんか?それお金になります!!
  5. 家族

    【子育て悩み】子供に対して常にイライラして感情的になってしまう!!そんな貴方へイ…
PAGE TOP